カードローンの審査通過のポイントをまとめました

一枚持っていればとても有効に活用できるカードローンですが、審査に通過してはじめてカードが発行されるのはおわかりとおもいます。その審査時には、人間の心理として色々と不安になるものです。そういった不安を消すためにも、審査のポイントをまとめてみます。

 

安定した収入がある

要は、きちんと働いていて、返済できる能力がある人かそうでないかかを金融機関はみています

 

他の金融機関で借りすぎている

年収の1/3以上を他社で借り入れしている方は消費者金融で借り入れする場合は総量規制で引っかかります。

 

クレジットカードの支払いの遅延・滞納がない

クレカの支払い漏れなどないか、一度身の回りのカード類を整理してみてください。

 

上記3つのポイントをクリアーしていればカードローンの審査の申し込みをすることは、問題ありません。必要書類として運転免許証など身分を証明できるものと、借入金額によりますが、収入証明書が必要になってくる場合があります。

 

また、審査申込時に入力する項目、「勤務先」「年収」など嘘偽りを入力しないとこともとても大切です。こういった嘘は間違いなくバレますので正直に丁寧にありのままに入力してください。

 

所得証明書不要でキャッシングするならコチラ!

ネット上でお金借りることができる業者が人気

カードローン審査

現在の日本社会では、お金借りる手段として消費者金融のキャッシングが人気です。

CMなどでもお馴染みとなっている消費者金融業者は多いですし、大手銀行と提携をしていたり、子会社化して消費者金融業を行っている会社も多数あります。
知名度の高い多い手銀行とのつながりがあるために、安心してお金借りることができますし、利息制限法を守って金利の設定が行われていますので、返済のときにもきちんとした計画を立てて支払っていきやすいサービスが行われています。
使いやすさの面でもサービスが向上していて、多くの銀行ATMやコンビニATMでお金借りることができますし、返済することも可能になっています。
スマートフォンや携帯電話などからインターネットを通じて、金融業者のホームページにアクセスすることで、ネット上でお金借りるための申し込みができたり、借り入れの契約そのものを完結させることも可能となっていますので、24時間いつでも借り入れの依頼をすることができます。
ネット上で借り入れや返済の手続きを済ませることができるので、わざわざ店舗や自動契約機まで行かなくてもお金借りることが可能な金融業者も増えていて、人気の高いサービスが行われています。

カードローンの分割払いは繰り上げ返済をしながら返済

カードローン審査

カードローンは、一括で返済するのが一番賢い方法です。

しかし、お金がなくてカードローンを利用しているのに、一括で返済をするのは難しいでしょう。
少額ならともかく10万円を借りるような金額なら、分割で返済していくことになるはずです。
カードローンを分割で返済するのは、悪いことではありません。
余裕がないのに無理矢理返済をしても、後の生活にしわ寄せがくるからです。
それなら余裕のある分割払いを使って、毎月少しずつ返済していくのも賢い方法となります。
しかし、カードローンの分割払いは返済期間が長期化するほど、負担が大きくなる返済方式です。
ですから、分割を払いでカードローンを返済しているときには、繰り上げ返済を使ってください。
いつもより多めに返済する繰り上げ返済を使うと、元本を減らすことができます。
繰り上げ返済をして元本が減れば利息も、減るようになり毎月の返済も楽になるでしょう。
返済総額も減らすことができて負担も軽くなりますから、余裕があるときには繰り上げ返済をしてください。
繰り上げ返済は、カードローンの返済が始まった初期にするほど効果は大きくなります。
ボーナスなどの臨時収入があったときには、繰り上げ返済でカードローンの元本を減らしましょう。

改めて自分を「消費者」として考えてみる〜Column〜

現代では、消費者として暮らすために金銭・金融はなくてはならないものとなっています。そこで、消費者金融は高い金利だと知りつつ手を出してしまう人が後を絶ちません。消費者の権利、責任ということについて考えてみましょう。消費者には「知らされる権利」があります。つまり、買おうとしているモノやサービスが安全なものか、どんな使い方をするものなのか、何に注意しなければいけないのか、などです。

 

これを消費者金融に当てはめれば、お金を借りた後に返済しなければならない金額は、どのくらいで、どのような計算になっているのか、ということです。最近では、TVのコマーシャルや電車の中吊り広告に利率が書かれていますが、わざわざ計算してみる人は一握りでしょう。また業者側としては当然知られたくない情報もあるはずです。

 

そこで、権利を行使するために国民生活センターなどの、公的機関などを利用してできるだけ情報にアクセスするようにしましょう。これは、権利行使とともに、責任ある社会人としてのある程度の義務ともいえるかもしれません。また、消費者の責任として無制限に消費するのではなく、会社を経営するがごとく自分の生活と人生を経営するように、必要なものと不要なモノをできるだけ判別することも必要でしょう。「現代の消費はつくられる」とはJ.K.ガルブレイスの言葉ですが、欲望のままに消費を行えば、金銭管理も、生活も、人生も破綻します。そのように考えると、最終的な選択の責任は消費者(=自分自身)にあるのです。